オーストラリア・ケアンズ在住の日本人スタッフが直接お答えいたします

Testimonial

本当に、心に残るツアーをしていただき感激です!!

パーソナルツアー・2017.10 ご参加

無事に帰国をしました。なんか全然疲れてなくて、本当にパワーチャージしたようです

本当に、心に残るツアーをしていただき感激です!!

心に残るどころか、これからの人生に温かい光が差し込みました。短期間なのでドカンとはきませんが、フワッと包み込むように示唆してもらった感じです。細かい柔らかな粒子が心の中に降ってきた感じ。

 



バニラ農園。今度はもっとユーモアのセンスを磨いて、マットさんにリベ~ンジ!! 深い知識や経験に裏付けされた農園の話。五臓六腑に染み渡ります。深くてためになります。頭の回転が早いから、パキパキと答えてくれます。

別な華やかな世界でも成功できると思うのに、苦労して農園を育てて・・・素晴らしいですね。

一般に言う「老後」なんて無いんだ。生涯現役。いつでも思ったときが旬!! ということを、身をもって教えてくれました。

 

チーズ工場のお昼ご飯。あれだけ「もったいないから」と無理して食べたのに、まったく胃にもたれない。翌日の夕食に食べた、ヒルトン1階 MONDOS の肉入りサラダ。これはけっこうきました。胃薬(パンシロン)を服用しました。

 



昔のオーストラリアのスイーツは、歯が曲がるぐらい罰ゲーム的砂糖の量でしたが、あそこは本当に洗練されてますね。

レジのおばちゃんがフレンドリー。日本人、もっとちょっとした会話が楽しめたら、ケアンズの魅力倍増です。つくづく、大学時代に「留学」という修羅場に放り込んでくれた両親に感謝です。



教会ツリー。ず~っとあの場所でたたずんで、色んなものを見て聞いて。あるがままの自然を受け入れてきたんですね。言葉は通じなくても、心で語り合いたい気分でした。

ただ、背後を歩く鳥(七面鳥?) もっと静かに歩きなさぁ~いっ!! 全くもうっ、細やかな気遣いに欠けるんだから。食べるぞ、コラっ。

 



湖は思わず「ネッシー」 そこではネッシーとは言わないか(汗) 未確認水中生物を探したくなる気分でした。雨の湖も落ち着いてて良いですが、晴れの日も見てみたかったです。女神様が居そうですね。

 

ずっと運転いていただいて、本当にありがとうございました。次はレンタカーも面白いかなと思っています。

「生命の木」 帰国して旦那に話をしました。彼は穏やかな顔でずっと聴いてくれました。で、彼から質問。「・・・ところで、恵子さんって、誰?」 そんなことを伝えてくれるのが一体誰なのか。不思議に思ったようです。なので恵子さんの写真を見せました。か
なり図星のことを「生命の木」が突いていたようです。

(※注;ツアー企画者マーフィー恵子が行う生命の樹カウンセリングのこと。ツアーのオプションです)

 

恵子さんに色んな出会いをもらいました。色んな人に会って話をすることができました。

 

以下は Wiki からの抜粋ですが・・・

ヨーガ (योग) は、「牛馬にくびきをつけて車につなぐ」という意味の動詞根 yuj(ユジュ)から派生した名詞で、「結びつける」という意味もある。

つまりアーサナ(ポーズ)ではなく、別な意味で「ヨガ」できました。私の師匠のオリビエは常々「Yoga is everything」と言っています。ポーズだけがヨガではないと。なので今回は、ヨガの旅だったんですっっっっ。

ケアンズはやはり、母なる大地なんです。来るものをそのまま受け入れてくれる深くて優しい包容力。山あり海あり。双方の、重低音の波動がフレンドリーに交わっています。

超早朝で真っ暗だけど、着陸態勢で大地が目視できたら「おう、よう帰ってきたなあ~」と迎えてくれる。ここは故郷ではないのに、もとから居たような感覚になるんです。

 

恵子さんには本当に感謝です。恵子さんはヨガしていないけど、これからもヨガ(結びつける)をしてください。

また行きま~す(^0^)