• カートを見る

商品ラインナップへ▼

免疫力UP、アンチエイジング、健康維持、ダイエットに!

ケアンズ近郊の島、つまり海に囲まれた場所で暮らす人々(アイランダー)の間の自然の薬は海水です。そんな海を崇める人々にとってパーフェクトな保湿剤、そして、健康維持に欠かせないものが、母の樹と呼ぶココナッツオイル。
ココナッツオイルは、料理に使ったり、肌に直接塗ることによって、さまざまな効果をもたらすことが最近の研究でわかってきました。

 

coco-love

 

「飽和脂肪酸」と「中鎖脂肪酸」の健康へのはたらき

脳出血を予防する効果

日本人40~69歳の男女を対象にした研究では、飽和脂肪酸の摂取量が少ないと血圧や肥満度、コレステロール値、喫煙、アルコール摂取量などを考慮しても脳出血の罹患率が増加したという結果が出ています。また、45歳以上の男性を対象にした研究では飽和脂肪酸の摂取量が10g/日未満の場合、10年間の脳卒中での死亡率が10g/日以上摂取している人の約2倍になることが報告されています。

他の油に比べ常温で2年は酸化しづらい

普通の油に多く含まれる不飽和脂肪酸は、熱や光によって酸化しやすく、体内で活性酸素と反応し、危険な過酸化脂質を発生させますが、ココナッツオイルに豊富に含まれる飽和脂肪酸は、酸化しづらい性質を持っています。

トランス脂肪酸が含まれない

一般的に小売店で販売されている精製油は、長期間の陳列に耐えられるように 「水素添加」や、好ましくない臭いを取り除くために高温で処理を行う場合があり、その過程で天然の脂肪酸には存在しない「トランス脂肪酸」ができます。
トランス脂肪酸は、悪玉コレステロール、動脈硬化、心臓疾患、ガン、免疫機能、認知症、不妊、アレルギー、アトピーなどへの悪影響が報告されており、最近では子宮内膜症や不妊症など婦人科系のトラブルの原因としても注目されています。

 

coco-shibhosan

中鎖脂肪酸のはたらき

油なのに体内にたまらない

ココナッツオイルに多く含まれる中鎖脂肪酸は胃の中で分解され、細胞に取り入れられることなく、すぐに肝臓に運ばれて、速やかに分解されてエネルギーとして利用されるため、体脂肪として蓄積されにくい性質があります。
(長鎖脂肪酸は腸壁からリンパ、血管をとおり、細胞へと運ばれ、体脂肪となって蓄積されます。)

分子が短い中鎖脂肪酸は、分解、燃焼されるまでのスピードは、長鎖脂肪酸に比べて4倍も早く、代謝は10倍も速いという報告もあるほど。

腸の働きを活発にする

腸の栄養分があまり吸収されず 食品添加物などの化合物が小腸内の柔毛に付着し、腸内に宿便がたまると肥満の原因となります。 ココナッツオイルは柔毛に浸透し、老廃物や化合物を除去して小腸の働きを活発にしてくれます。

代謝アップを促す

中鎖脂肪酸には脂肪燃焼を促進する効果があるので、脂肪燃焼が更なる基礎代謝UPを促してくれます。
肥満女性を対象にした研究では、摂取カロリーを2200kcal以下に制限し、中鎖脂肪酸を8.9g/日摂取させたところ1~2週間後に体脂肪の蓄積が抑制されたという結果が出ています。

 

coco-milandaオーストラリア出身のスーパーモデル、ミランダ・カーは「これ(ココナッツオイル)なしで一日を過ごすことなんてできないわ!」というほどのお気に入り

出典ミランダ・カーの美の秘訣! 脂肪を燃やして、デトックス効果もあるオイル マイロハス

冷え性の人にはもってこいの食材

ココナッツオイルは甲状腺機能低下症に対する改善作用効果の高さも魅力の一つ。甲状腺の働きが低下する甲状腺機能低下症の代表的な症状は、手足の冷えがありますが、この疾患に対して処方される一般的な薬よりも、ココナッツオイルを2週間継続することによる改善効果は非常に高く、改善率は75%にもなります。
これからエアコンの季節になるのでぜひ今から取り入れたいものです。
出典:最近ココナッツオイルにはまっています! : 臨床栄養士のひとり言

 

糖尿病の予防

中鎖脂肪酸には、糖尿病予防に役立つアディポネクチンというホルモンを増加させる働きがあるという試験結果が明らかになっています。

認知症の予防

中鎖脂肪酸は、ケトン体の生産効果を高めます。ケトン体はブドウ糖よりも脳に優れたエネルギー源と言われていて、ケトン食は昔からてんかんの治療に用いられています。 実際にアルツハイマー病や、痴呆患者の認知機能があがったり、精神分裂病患者のムードが安定したり、パーキンソン病の症状が和らいだとの報告も。

 

coco-button-pure

 

お肌への効用

coco-1

ビタミンEを豊富に含み、抜群の保湿効果 !

肌を乾燥から防ぎ、かゆみや肌荒れなどを低減する効果が期待できます。また、お肌を弱酸性に維持し、解毒成分が毛穴を詰まらせないなど、健やかなお肌を維持させるのに役立ちます。

優れた抗酸化作用でアンチエイジング

熱帯地方で強い紫外線にさらされながら自生してきたココナッツからとれるココナッツオイルは、非常に酸化しにくく、長持ちするという特徴を持っています。 抗酸化作用 と言えば、アンチエイジングの重要ポイント!シワの形成防止になります。

更に、紫外線を20%ほどカットすると言われ、ココナッツオイルを肌に塗ることで紫外線への保護幕を作ります。

抗菌力でお肌のトラブルを改善します。

天然の抗菌成分を含むため、ニキビや吹き出物に直接塗ってケアできます。

臨床試験で、バージンココナッツオイルが以下のような皮膚トラブルに有効であることがわかりました。
・水虫、真菌症からくるおむつかぶれ
・膣カンジダ症などの皮膚真菌症
・乾癬や湿疹(アトピー性皮膚炎)

バージンココナッツオイルは、患部に塗布できます。
乾癬や湿疹にお悩みの方には、優れた保湿剤として、乾燥してかゆみのある肌に使用したり、かゆい部分をかくことで傷になり細菌に感染してしまった部分に塗布して、状態を改善することもできます。

 

coco-button-lavendere

coco-button-teatree

 

coco-oil

 

頭皮マッサージに

1週間に1回程度、洗髪前にオイルをたっぷりと髪と地肌に擦り込んでマッサージ。
頭皮に酸素と栄養を供給し、新陳代謝を活性化させるので、発毛促進効果が。
しばらく置いたら洗い流して普通にシャンプーして下さい。髪にツヤと潤いが戻ります。
 

ボディオイルとして

お風呂、シャワーのあと、体全体にオイルをやさしく刷り込みます。
3日続けると“しっとり感”の違いが!
 

ハンドクリーム代わりに

水仕事の少し前に、オイルを擦り込むと、
水をはじいて大切なお肌を守ってくれ、手荒れ・あかぎれの予防に。
 

クレンジングオイル or 洗顔後のケアに

洗顔後、化粧水で水分を補い、乳液代わりに
お顔全体にオイルを2~3滴薄く重ねます。
ハンドプレスでしっかり密着させると、手のぬくもりでじんわりと浸透します。
 

coco-lady

 

フットケアに

入浴後、または足湯後オイルをひざから下に伸ばし、ゆっくりマッサージ。
かかとのザラザラ、足の裏の固い角質も実にソフトになり、疲れも取れます。
 

ベビーオイルに

オムツ替えの時にふきとる布や紙に少しだけつけると、
汚物をきれいにとり、アルコールのついたお尻拭きのように肌に負担をかけません。
また、お風呂あがりにそっと擦り込むと、
乾きがちな赤ちゃんのお肌を守ります。
精油がブレンドされていないオイルはなめても安心です。
 

妊婦さん、授乳中のママに

妊娠線の予防、乳房のマッサージに。
授乳中の乳首のあか切れにもお使いいただけます。
 

日焼け後のお肌に

冷蔵庫で冷やしたオイルをぬると気持ちいいですよ!
強い紫外線を浴びて急激に生じた活性酸素を押さえる働きや、
紫外線によって乾燥したお肌を保湿してくれます。
 


天然ココナッツオイルは25度以下では白く固まるので、
口の広いビンに移しておくことをおすすめします。
スプーンですくってお肌に乗せると、すっと元に戻ります。

Kaizi's Coconut Oil Love♥の理由

coco-kaizi-midashi

coco-beach

ケアンズ近郊の美しい海岸線に自生するココナッツを採取し、丹精こめて作られるココナッツオイル。
100mlのオイルを取るのに、12個以上ものココナッツが使われているんです。

手間がかかる伝統的な「自然発酵法」で抽出され、栄養素がギュッと詰まった無精製のココナッツオイルが、Kaizi's Coconut Oilです。

 

商品ラインナップ